2017年11月21日火曜日

171120_アジング@南房


ボートワカサギの疲れが残っていましたが、
日帰り、夕マズメ限定でアジングに出撃です。
先週はコールドにより中止となりましたが、
はたして状況はいかに。






1時過ぎに堤防に並びました。
空き具合を見ても昼間は釣れないなと思いましたが、
夕方まで暇なので時折遊んでみます。

開始後2投目で早くもヒット!
あまりの幸運にびびりながら巻き上げると、
オオモンハタらしき幼魚。
館山ではたまに釣れるらしいですが、
こんなところでも釣れるのね。
すぐにリリースです。






釣れない時間が続きます。
ご近所さんやギャラリーさんと話が弾みます。

4時を過ぎると突然強風になりました。
強まる予報ではありましたが、
こんなに強くなるとは・・・。
数字上は5mくらいかもしれませんが、
体感は10mくらいあるかも。
道具が倒れたり、
ノベ師さんが竿を飛ばされて落ちたりと散々。
苦戦しそうだな〜。






あまりの強風に今日はアジが散るのでは、
と心配しましたが4時40分ころ、
バタバタと釣れはじめました!


もちろん私ではなく上手なアジンガーさんから(笑)。
その方達が数尾釣ったところでようやく私に一尾目。

ラインが絡んだりまごついて時間をロスしましたが、
なんとかもう一尾追加して時合い終了。
なんとまあ短いことに20分間くらいだったでしょうか。

いつもなら皆さん6時位まで粘るのでしょうが、
寒さで早じまいの方が多いこと。
私も早めに見切りをつけて撤収しようとすると、
お隣さんがあまり釣れなかったからと、
ご自身の三尾をプレゼントしてくださいました。
明日は全て刺身だな。
人間ドック前日なので飲めませんが(涙)。




※今後は鴨川市〜鋸南町より南を南房、それより北の太平洋側を外房、東京湾側を内房と称します。

2017年11月20日月曜日

大会直前練習! 171119_ボートワカサギ@高滝湖



普段とほぼかわらない料金で事前エントリーでき、
未明から並ばないで済むのなら。
こんな浅はかな理由で血迷い、
12/3のワカサギ釣り大会に出場することにしました。

当日とほぼ同じ行程で自宅を出発し、6時半ころ現地着。
11月までは6時受付開始なので、
もうボートがたくさん出ています。

私たちは7時頃出航しました。
強風予報でC区限定であったため混み合い、
ロープを引っかける場所がありません。

ボートを流しながら釣りはじめましたが、
間もなく解除になってほかの皆さんが散らばり、
空いたC-1ロープに係留して釣りを再開します。
釣り専任の王子はポツポツ拾いはじめます。






遅れること30分、
エサ付け係兼任の私(笑)もようやく一尾目。






休憩をはさんでB-2に移動します。
C-1は早朝にベテランさんが釣りまくったのか、
あまり釣れませんでしたが、ここはややペースアップ。







私のロッドに突然すさまじいアタリ。
ボートの下に向かって右に左に潜り強いファイト。
浮き上がってきた魚体は30cmもあろうかという、
コイ科かなと思われる魚。
ワカサギ仕掛けのため慎重にやりとりしましたが、
惜しくもライン切れ。サヨナラ〜。

一方王子も大型のブルーギルとファイト。
こちらは私のタモ?入れにより無事に取り込みました。








アタリが少なくなってA-2に移動します。
この日でもっとも良かったここは、
入れ食いとまではいきませんが、
良いペースで釣り続けられました。

すっかり調子の出てきた王子は、
アタリをしっかり合わせられるようになり、
ワカサギ釣りを満喫できているようです。
トイレ休憩を挟んでもう一度ここで釣ろうって。
往復30分漕ぐ身にもなってくれ(汗)。

私はといえば、
チタンティップのアジングロッド1号機にうっとり。
ワカサギ竿が激安品もシマノのしっかり品も、
目感度で釣るのに対し、
10cmを切る小型でも手でアタリを感じられます。

またこのポイントはギルも良く釣れます。
結局7尾も釣って事務所に届け70円いただきました。
全て王子のお小遣い(笑)。









釣果は222g(袋込)。
大会はきっと常連の猛者がたくさん出るのでしょう。
個人枠はもちろん私たちが申し込んだ親子ペアも、
猛者のお父さんとで一緒に修行するおこさんなら、
ものすごいペースで釣るはず。
とりあえず当日は時間までにこのくらい釣って、
なんとか最下位だけは免れたいものです。



2017年11月15日水曜日

171113-14_南房サーフヒラメ不発→アジング中止


火曜日に代休をいただき、
月曜日から二日間の出撃です。
13時過ぎに現地着し、
ゆっくり準備して14時ころから開始しました。

先週とは違うサーフです。
水際近くでベイトが時折みられ、
ボラかと思われる魚が跳ねているなど、
生命感があふれています。
行けそうな気がするじゃないですか。


ところがルアーを引けど引けど、
先週のカニ網のようにゴミだらけ。
良さげなポイントを攻めてるんだけどな〜。






火の鳥のような雲に見とれながらしばし休憩。
気分を変えてマズメも投げ倒しましたがギブアップ。






道具を片付けて作戦会議をしていると、
朝方までの雨予報が悪くなったことに気づきます。
先週のサーフならゴミはマシなはずだけど、
浅いので雨の影響はここと同じく避けられません。
深い港の方がマシかなと堤防アジングに変更します。
港に移動してドーピングののち仮眠です。






ところが夜中に豪雨で起こされてしまいます。
ナウキャストをみると雨雲が次々に来そうですし、
とてもアジングどころではありません。
見切りをつけて帰宅し、
所用とルアー補充を済ませました。

なお、ちまたの噂では、
雨上がりの午後から爆釣だったらしい(苦笑)。